賢くキャッシングするためのセラピー①

キャッシング利用者の問題として、多重債務者の問題があります。

現在、国の政策として「多重債務改善プログラム」が策定され全国の自治体を中心に動き出しています。

そこで進められているのは、主に多重債務の法的債務整理のための相談窓口の拡充ですが、量的な相談窓口の拡充だけでこの問題が解決できるとは考えられません。

なぜなら、多重債務は、結果に過ぎないからです。結果があれば必ずそこに原因があります。「原因」の解決がなされなければ、借金は繰り返されるのが必至です。

多重債務の原因の一つにギャンブルがあります。強迫的ギャンブラー(ギャンブル依存者)に対して、お説教をしたりしても、ほとんど意味がありません。

自分の意思でギャンブルがやめられないのですから、その問題を解決することに尽きるのです。

債務の整理だけを行うだけで、強迫的ギャンブルの問題を放置しておくと、犯罪に走ったり自殺に追い込まれるなど大変怖い問題となります。

だから、セラピーが必要なのです!

この他にも、多重債務の原因には、飲酒(高額な飲食店[キャバクラ・高級クラブ・スナック])などもあげられます。